旅行に欠かせないレンタカー|安心して借りられる出来る会社を選ぼう

桜が綺麗に見れる温泉

男女

源泉が発見されてからの歴史はまだ浅い石和温泉

石和温泉は富士川水系の笛吹川の右岸側にあり、国道140号と中央本線が通過する交通の要衝にあります。温泉地としての歴史は浅く、源泉が発見されたのは1961年のことです。新しく発見された温泉にもかかわらず、高度経済成長の影響で交通網の発達とともに石和温泉は人気観光地として急成長しました。中央線の特急電車が新宿方面から直通するため、都心から日帰りでも訪れることができる観光地として人気を獲得した経緯があります。明治36年に開業した石和駅は、平成5年には石和温泉駅と改称しています。駅名変更によって、鉄道愛好家の間でも石和温泉の名前が有名となりました。現在ではマイカーを利用して訪れる人も多く、数多くのメディアで取り上げられています。

石和温泉が根強い人気を維持している理由

石和温泉の人気は今後も継続する可能性が高い理由は、都心からの交通アクセスが抜群に良いためです。鉄道や高速道路を使っても日帰りが可能で、甲府盆地の絶景を眺められる景勝地としての魅力に引きつけられる人も少なくありません。石和温泉の歴史は短いものですが、新しい温泉地ならではの発展を遂げてきたことも特徴です。石和温泉の周辺では、秋の時期には紅葉を眺めるために多くの観光客が訪れます。紅葉と温泉を同時に楽しみたいと思う観光客も多いものです。笛吹川の渓流を眺めてから、石和温泉で疲れをいやす人もいます。春には周辺では桜の花見を楽しめるようになります。石和温泉の周辺にも桜の名所が多く、多彩な効能がある温泉とともに親しまれています。